カテゴリー: 玄惠法院

Home » 玄惠法院 » ページ 6
投稿

柿山伏

道中、のどが渇いた山伏が、柿の木に登って柿をほおばるところへ畑主が現れて、犬だ、猿だ、鳶だと、鳴きまねをさせて山伏をからかう。

投稿

雁大名

振舞いの肴が買えないので、一計を案じ市場で喧嘩をよそおい、どさくさにまぎれて雁を盗む大名と太郎冠者。

投稿

鬮罪人

祇園祭の山車に地獄の鬼の責めを出すにあたり、くじを引くと主人は罪人、太郎冠者は鬼という皮肉な役回り。稽古の中で日ごろの鬱憤を晴らす。

投稿

悪坊

六角堂の悪坊と称する乱暴者が、道連れになった出家によって改心し、仏道修行に出る。

投稿

朝比奈

冥土へ向かう途中で閻魔王に出会った朝比奈三郎が、戦の手柄話を聞かせて、閻魔王に極楽への導きをさせる。

投稿

犬山伏

口論する山伏と僧侶が、茶屋の仲裁で人食い犬を祈り鎮めたほうを勝者としようとする。結果は・・・。

投稿

今参

召抱えた新参の者を相手に、秀句(洒落)問答を楽しむ大名。

投稿

入間川

本国へ帰る途中、入間川にさしかかった大名が、入間様という逆言葉を使って入間の何某と問答をするが・・・。

  • 1
  • 5
  • 6