「史上初」女性狂言師。平成6年「釣狐」、平成27年には大曲「花子」を披き活動の幅を日々広げる。1男1女の母でもある。

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

史上初女性狂言師 和泉淳子(いずみじゅんこ)

和泉流宗家 筆頭控え家izumijunko

昭和44年生まれ。狂言和泉流十九世宗家の和泉元秀の長女として生まれる。3歳で初舞台。以後、公式公演に多数出演。昭和60年、大曲「三番叟」を披く。昭和61年「那須与市語」を披く。平成元年、成人とともに国立能楽堂において「史上初女性狂言師誕生記念公演」を行う。同年、文部大臣より感謝状を受ける。平成6年「釣狐」を披く。

平成7年、NHK「ひるどき日本列島」キャスターとしてレギュラー出演。その他TVCM・ラジオなどで活躍。平成13年、女性狂言師協会設立、代表に就任。国際文化交流としての海外公演も12カ国30都市に及ぶ。

全国での学校教育公演を行い、初等教育にも力を注ぐ。

金城学院大学講師、尚美学園大学講師。
日本女子大学附属豊明小・中・高に学び、日本女子大学文学部国文学科卒業。

長女・慶子、長男・和秀も初舞台を踏む。

能楽協会会員

 

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 女性狂言師 和泉淳子 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.